×

商品カテゴリー

コンテンツ

カレンダー

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

営業時間 / 9:00~17:00
定休日 / 日曜日・祝日

2019-05-03

ウェイフェアラー シャルドネ "ウェイフェアラー・ヴィンヤード" フォートロス・シーヴュー [2016] (正規品) Wayfarer
[RP97点] 確定!
■来ました、パーカー監修ワインアドヴォケイト最新号
にて自己新にしてソノマ五強に食い込む97点確定!

【Wayfarer Chardonnay "Wayfarer Vyd." Fort Ross Seaview 2016】

@ 遂にここまで・・・ @


△ 有難う御座います。お陰様でワイン・ランキング三冠達成!
(※米国総合】加州総合】ソノマ 各白部門一位:2016年10月18日(火)更新分)

もう…止まりません。
近年、大手ワイナリーのエステート化や自社畑の取得などの流れが進む中、ヤナギヤより特にイチオシとさせて頂いた先がこちら…2015年3月にピノのファースト・ヴィンテージをご案内させて頂いた、パルメイヤーのブル部門エステート系アップグレード版、『ウェイフェアラー』

おすすめした甲斐あり、ご案内開始より半年後、同年の年末に発表された評論家ダグ・ワイルダーの【ワイナリー・オブ・ザ・イヤー】に選出。更に同年のSFC【ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー】には醸造家ビビアン・ゴンザレス・レーヴ女史が選出されるというダブル受賞を果たし、当店としましても米国専門店の面目躍如となったカナ…とホッとした次第です。



一方、後発となったシャルドネも同様。日本初上陸時から一度も欠かさず毎年おすすめし続けているのは実は内でもヤナギヤ・オンリーだったりしまして、こちらもご案内スタートの’12年こそまだ知る人ぞ知る存在でしたが、そこからは圧巻。

’13年にはピノ・ファイル【PF98点+2015シャルドネ・オール・アメリカン一軍】、’13年には評論家ダグ・ワイルダーより【98点】、’14年には【WE98点+年間TOP100#2】、前作’15年には同銘柄歴代一位となる【RP96点】をそれぞれ受賞。



そして5度目のご案内となる今年は、アドヴォケイトの自己新記録を塗り替える、史上最高の【RP97点】をしかも「+」付きで獲得するなど、ソノマのBIG5(キスラー】マーカッサン】オベール】PM】モレ)に並ぶ勢い。もうどうにも止まらない状態です。


▼ウェイフェアラー(Wayfarer)
1998年当時ワインメーカーであったヘレン・ターリー女史のアドバイスにより、ソノマ・コーストにカリフォルニアのグラン・クリュとなりうる可能性を高く秘めたポテンシャルの高い土地を購入。2002年よりディヴィッド・エイブリューにより植樹を開始し、長い期間その成長を心待ちにしていたジェイソン・パルメイヤーは、'05年からパルメイヤー・レーベルに少しずつここからの果実を使用し始めます。時は人の変化を伴い、長年勤めたワインメーカーの退陣、愛娘クレオの成長、ビジネスへの参入、才媛なる新しいワイングローワー、醸造家との出会いにより、新しいプロジェクトが娘クレオ・パルメイヤーを主軸として始動しました。まだうぶ声を上げたばかりですが、将来を見据えた栄光の旅立ちの始まり…それがこの 『ウェイフェアラー』 です。

場所は2011年にA.V.A.認定を取得したばかりのフォート・ロス・シーヴューA.V.A.、その西端…海から尾根を二つ挟んだ場所(右画像参照)です。

標高1100フィートの高地にあるこの場所は、沿岸部からの風が程よく届き、朝方の霧、日中の陽光と理想的な寒暖差も備えていました。当時の醸造責任者であったヘレン・ターリーは「ブルゴーニュのような偉大な果実を育てるためには "冷涼なエリアの暖かいスポット" が必要だ」…と述べましたが、そこはまさに彼女が呟いた条件を全て満たす絶好のスポットだったのです。

こうしてソノマ初のパルメイヤー自社畑が誕生し、それは後にパルメイヤーのブル系ソノマ・パートを引き継ぐ新たなレーベルとなる名をそのまま冠したものでした。

醸造家はビビアン・ゴンザレス・レーヴ(下画像右)。そしてジェイソン・パルメイヤーの娘、クレオ・パルメイヤー(下画像左)がプロジェクト・リーダーを務め、二人の才女がこの新レーベルを司ることとなります。



Wayfarer Vineyard
ピノ・ノワールの畑は25のブロックと12種のクローンが存在し、それらの組み合わせで5種が造られています。対してシャルドネの区画は6つに分かれているものの、それらをブレンドしたマルチ・ブロックによる単一畑、今作 『ウェイフェアラー・ヴィンヤード』 が唯一。これ1種類しか造られていません。

結果、需要の一極集中化が生じ、現在ピノ以上に品薄となっているのです。そんなシャルドネ・ブロックの区分けは、土壌、気候と斜面(日当たり)、クローン、樹齢などの違いにより行われているそうで、こうした各ブロックにおける葡萄の多様性がワインにそのまま複雑性となって表現されているとのこと。

プレスは除梗なしで優しく。58%のフレンチ・オークで15ヶ月熟成。人工的な清澄、フィルターがけ無しで瓶詰め。使用クローンはオールド・ウェンテ、ハイド・オールド・ウェンテ、マウント・エデンなど



Wine Advocate (2018.10)より 【RP97点+

「The 2016 Chardonnay Wayfarer Vineyard opens with beguiling scents of fresh ginger, orange blossoms, baking bread, toasted almonds and beeswax with a core of pineapple, grapefruit, lemon meringue pie and green mango. Medium to full-bodied, the palate explodes with tropical and citrus fruit goodness, supported by a racy line of acid and finishing on a persistent gingery note.」 (Lisa Perrotti-Brown )

2012年から雨の少ないヴィンテージが続いた中で、2016年はようやく普通に雨量に戻り、温かい春が順調な開花・結実をもたらし、葡萄は生き生きとした成長が促されました。

色合いは淡い黄色を帯び、花畑の中を散歩するような様々な花の香が立ち上がり、特に白いユリ系の香、オレンジの花の香が印象に残ります。味わいは引き締まりが、酸にはレーザービームのような張りが。その中にリッチな暖かさと全体をまとめる綺麗な酸が存在します。石を思わせるミネラル感と深み、そして長い余韻も特徴です。

元アドヴォケイトのレビュワー、ジェブ・ダナックも「ワールドクラス」と絶賛。しかも、前作13,500円より大幅値下げ!

■パーカー監修アドヴォケイト誌97ポイント+(同銘柄歴代1位)
■ジェブ・ダナック98ポイント

≪自身が持つ最高記録、更新!≫
[JD98点/RP97点] 

お問い合わせ

商品に関して、ご不明な点は、下記よりお問い合わせください。
ご質問・お見積もりなどお気軽にご相談ください。

TEL:075-502-8311 TEL:075-502-8311

〒607-8142 京都府京都市山科区東野中井ノ上町7-51

メールフォームはこちら

特定商取引について

お支払い方法について

代金引換、銀行振込を用意してございます。ご希望にあわせて、各種ご利用ください。

代金引換はお支払い金額が300,000円(税込)を超える場合はご利用できません。申し訳ございませんが、他の決済方法をご利用ください。

代金引換 銀行振込

送料について

※送料の詳細は 【】 をご確認ください。

時間指定

宅配便でお送りいたします。またお時間・お日にちの指定も可能です。

返品・交換について

お客様のご都合によるご返品には対応できかねますのであらかじめご了承ください。商品到着後、中身のご確認を必ずお願いいたします。

商品には万全を期しておりますが、万が一不良品・誤送品があった場合は、早急に対応いたします。恐れ入りますが商品到着後14日以内にご連絡ください。それを過ぎますと返品交換のご要望はお受けできなくなりますので、ご了承ください。

一度開封された商品(開封後不良品とわかった場合を除く)、お客様の責任でキズや汚れが生じた商品の返品はお受けできません。

※詳細は 【】 をご確認ください。

お問い合わせ先

お問い合わせは、下記連絡先にて承ります。

TEL 075-502-8311
E-mail [email protected]
営業時間 9:00~17:00
定休日 日曜日・祝日